FF会議室

本番に弱いです。

yui使用機材 Part23 ~ELECTRO-HARMONIX MEL9~ MellotronとBeatlesとmura☆jun

11月12日、yui_flower_flowerインスタグラム に「新しいエフェクターさん」とアップされた ELECTRO-HARMONIX MEL9 Tape Replay Machine。

今回はこのエフェクターについて、そして Mellotron(メロトロン)という楽器とBeatles、またmura☆junとの関係性について書いてみようと思います。長いです。

 

f:id:FF-MeetingRoom:20201113133320j:plain

ELECTRO-HARMONIX MEL9 Tape Replay Machine

これはMellotronをエミュレートするためのエフェクターです。

ELECTRO-HARMONIX公式サイトにも「MEL9 テープ再生マシンは様々な賞を受賞したB9, C9, KEY9と同じ革新的な技術を使用し、ビンテージMellotron (テープ再生式キーボード)サウンドをエミュレートします。」とはっきり記載されています。

f:id:FF-MeetingRoom:20201114142539j:plain

 

ELECTRO-HARMONIX MEL9 Tape Replay Machineとはどんなエフェクターでどんな音が出せるのか。

こちらの映像を見れば一通り確認できると思います。(以下の映像は4つとも同じもので、楽器ごとに時間指定をしています)

①  全編


② Flute ではBeatles「Strawberry Fields Forever」のイントロを再現。


③ Saxophone では同じくBeatlesの「Lady Madonna~Good Morning, Good Morning~Birthday」 を。


④ Orchestra ではアコギのストロークを華やかに。

 

MEL9にはモデル名の通り 9つの代表的な Mellotronサウンドが搭載されています。

①Orchestra  ②Cello  ③Strings  

④Flute  ⑤Clarinet  ⑥Saxophone  

⑦Brass  ⑧Low Choir  ⑨High Choir

 

Specifications

・ギターのモディファイや特別なピックアップ、MIDI機能などは一切不要で、チョーキングやスライド、アームバーの使用にも対応。

・キーボードはもちろんベースの開放Aの音まで対応。

・独立したEffectボリュームコントロールと Dryボリュームコントロールを搭載し、お好みのミックスをEffectアウトプットから出力。

・Dryアウトプットからは入力信号をユニティーゲインで出力。

・ Attackコントロールはヴォリュームの上がるスピードをコントロール。時計回りに回すにつれて音量がゆっくり上がる。

・Sustainコントロールは音を止めた後のリリースタイムを調整。時計回りに回すにつれてフェードアウトタイムは長くなる。

・電源:JP9.6DC-200ACアダプター(付属)

  

この手のエフェクターはいかに演奏がレイテンシーなく、また正確に再現されるかが問われると思いますが、映像を観る限りでは問題なさそうにです。

ポリフォニックでギターに特別な加工もいらずこの音が出せるとは。しかもアコギのストロークにも追随できている。素晴らしい。欲しい。

 

Mellotronとは?

元ネタになっているMellotronとは「テープレコーダーを再生する機能を持ったキーボード」であり、今でいうサンプラーの原型ともいえます。

サンプラーとは楽器の音、または日常のあらゆる音を取り込み(サンプリング)、それを音源として出力することができる機器のことです。

Mellotronはそれをなんとテープレコーダーの仕組みで再現。サンプラーなど存在しなかった60年代には画期的なものでした。

音が鳴る仕組みはシンプルで、鍵盤を押さえるとそのキーにあてられたテープがモーターで巻き取られ再生されるというものです。超アナログ。

  

言葉では説明が難しいので映像を。


そしてMellotronを使用した最も有名な曲といえば、BeatlesのStrawberry Fields Foreverだと思います。

冒頭から鳴ってるフルート(ぽい音)がメロトロンです。少しレイテンシーがあり独特の雰囲気、存在感。

余談ですが、Strawberry Fields Foreverが完成にいたる、ジョン・レノンの無茶ぶりから始まったドラマチックな逸話はこちらで。

キーもテンポも異なる第7テイクと第26テイクをテープ操作でつなぎ合わせたら見事に重なり、この名曲が生まれたとか。まじかよ。

 Strawberry Fields Forever (take 7)

 

Strawberry Fields Forever (take 26)

 

 

そしてここからはmura☆junとBeatles、そしてMellotronの関係性を。

 

2020年5月13日~6月24日までInterFMにて放送された future note

FLOWER FLOWERのmura☆junではなく、音楽プロデューサー村山☆潤としての慧眼、またスタジオミュージシャンの取りまとめ的な立ち位置を知ることができました。

個人的には番組のジングル募集コーナーにThe Rolling StonesUndercover (Of The Night) でメールを送ったところ、採用され番組でOA されたこともいい思い出です。

 

その番組を作業部屋からステイホームで収録した様子。リチャード・アヴェドンのJonn Lennonポスター が見えます。

f:id:FF-MeetingRoom:20201113155258j:plain

 こちらのインスタ投稿にも。

 

この番組ではBeatlesの曲もたくさんBGMとして使用されており、また以前「どちらかと言うとポール派」と言っていてた記憶もあり、Beatlesから影響を受けてることがうかがえます。

 

そのmura☆junですが、FLOWER FLOWER インコのhave a nice dayツアー2018にて「命」と「小さな窓」の2曲でMellotron M4000D miniを使用していました。(ここでやっとつながりました)

Mellotronを現代的にアップデートし復刻した Mellotron M4000D、そのミニバージョンがこのM4000D miniです。

f:id:FF-MeetingRoom:20201113162608p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113162629p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113162649p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113213001j:plain

 

タイトルを「MellotronとBeatlesとmura☆jun」としたのは、ライブで観た時からずっとこのことが頭に残っていたからです。

 

先日脱退、そしてそれぞれ別の道を歩んでいくことが発表されましたが、我々はFLOWER FLOWERのmura☆junとして活躍したことを忘れないでしょう。

そして今後は「音楽プロデューサー村山☆潤」としてより一層の活躍を祈っています。

 

最後はインコのhave a nice dayツアー2018 ファイナルで最高にエモかったシーンです。

ただでさえブチあがる「バイバイ」~「ひかり」の冒頭でmura☆junがキーボードの上に立ち、Zepp TOKYOを揺らした姿はまさにロックスターでした。

f:id:FF-MeetingRoom:20201113164145p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113164205p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113164226p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113164246p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113164316p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113164344p:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201113164410p:plain

 

あと2つ追記しておきます。

f:id:FF-MeetingRoom:20201113170853p:plain

 

Free The Tone LB-2 LOOP BOX(左端見切れているループボックス)

f:id:FF-MeetingRoom:20201114005628j:image

f:id:FF-MeetingRoom:20201114005531j:image

 

Free The Tone CU-5050 INSTRUMENT LINK CABLE(配線ケーブル)

f:id:FF-MeetingRoom:20201115185319p:plain

 

誤り、情報、お気づきの点などあればこちらにコメント、もしくは twitter @koutei819にリプをお待ちしてます。

 

yui使用機材 Part22 ~シェーカー・Rocks ForChile 2020~

2020年11月6日、yui_flower_flower インスタストーリーにアップされたシェーカー。翌日開催された Rocks ForChile 2020 in Toyonaka では「はなうた」にて使用していました。

f:id:FF-MeetingRoom:20201107185105p:image

 

 f:id:FF-MeetingRoom:20201107201918j:plain

PEARL ( パール )ヘキサギャンザ / PGA30

130mm×55mm

f:id:FF-MeetingRoom:20201108022619j:plain


MEINL ( マイネル ) / SH8BK

125mm×50mm

f:id:FF-MeetingRoom:20201108022912j:plain

 

-会場画像-

f:id:FF-MeetingRoom:20201107184315j:plain

 

- 参考- 

クリップチューナー TC ELECTRONIC UniTune Clip

 

 マイク TELEFUNKEN M80


アコギ用エフェクター

 

ティンシャ

 

Twitterのまとめ-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Instagramのまとめ-

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

メインステージ <yui(FLOWER FLOWER)> 澄み渡る歌声を聞かせてくれたかと思えば、客席に降りていき開場を沸かせたyuiさん。 「CHE.R.RY」では、バイオリニストのNAOTOさんがサプライズ登場! 豪華コラボが実現しました。 プロフィール欄にある公式サイトもチェック↓↓ @rocksforchile #RFC #RocksForChile #ロックスフォーチル #親子フェス #親子で楽しむ #親子イベント #フェス #fes #バンド #ロック#音楽 #タイムテーブル#リリース#ステージ#親子 #子ども#こども#未来 #親バカ部 #サスティナブル #sustainable #環境 #environment #教育 #yui #NAOTO

Rocks ForChile(@rocksforchile)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

【Rocks ForChile子ども記者】 ステージ後のyui(FLOWER FLOWER)を子ども記者が突撃! 子どもたちも最高の思い出になったと思います😊 どんな質問をしたのかは、後日WEB公開する『子ども新聞』をお楽しみに✨ プロフィール欄にある公式サイトもチェック↓↓ @rocksforchile #RFC #RocksForChile #ロックスフォーチル #親子フェス #親子で楽しむ #親子イベント #フェス #fes #バンド #ロック#音楽 #タイムテーブル#リリース#ステージ#親子 #子ども#こども#未来 #親バカ部 #サスティナブル #sustainable #環境 #environment #教育 #yui

Rocks ForChile(@rocksforchile)がシェアした投稿 -

 

  

誤り、情報、お気づきの点などあればこちらにコメント、もしくは twitter @koutei819にリプをお待ちしてます。

 

 

yui使用機材 Part21 ~テレキャスターシンライン~

2019年11月5日、公式のツイートで久しぶりに確認できたテレキャスターシンライン。

f:id:FF-MeetingRoom:20201015203658j:plain

 

正式名称はテレキャスター "Thinline" ですが、ここでは一般的な名称の "シンライン" で話を進めて行きます。

2019年12月20日 yui_flower_flowerのインスタ投稿にもチラッと後ろ姿が写っていました。 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

yui_flower_flower(@yui_flower_flower)がシェアした投稿 -

 

初登場はYUI 4thツアー HOTEL HOLIDAYS IN THE SUNリハ時、2010年9月9日のYUI DIARYだったと思います。

このツアーで使用したエレキギターストラトキャスタージャガーの印象が強いですが、シンラインはCinnamonで使用されました。

f:id:FF-MeetingRoom:20201015210217j:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201015210243j:plain

 

その翌年2011年6月26日、初海外公演となった HOTEL HOLIDAYS IN THE SUN 香港ライブでは、このシンラインがメインギターでした。

f:id:FF-MeetingRoom:20201015205033j:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201021233002j:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201015205049j:plain

画像は STARS☆HK より

 

綺麗なアッシュボディの木目に注目して見ると...

f:id:FF-MeetingRoom:20201016024920j:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201016024455j:plain

f:id:FF-MeetingRoom:20201016024509j:plain

一致してますね。同じシンラインをずっと使っているようです。

 

何かのインタビューで

「憧れのアーティストが使っているのを見て」

とあったのを読んだ気がするんですが、残念ながら失念してしまいました。具体的に誰と言及はなかったような記憶です。

 

また2020年8月19日、まふまふとのインスタライブにて

「1回ジョン・メイヤーさんのライブに行かせていただいたことがあって
60年代くらいの色褪せたエレキギターを持っていて
その音がすっごい いい音で鳥肌が立って
そのあと私は70年代のギターを手に入れましたね。
もうすごい音違うんだなと思って。
なんて言うのか、時が経った深さがあると言うのか。」

というコメントがありましたが、「70年代のギター」とはまさにこのシンラインのことだと思われます。

 

ー 参考 ー

YUI DIARY 2010/05/11 ライブ!

 

ジョン・メイヤーの「60年代くらいの色褪せたギター」とは、PRSに持ち替える前に愛用していたストラトキャスター、通称 Black 1のことだと思います。

 

インスタライブで言及があった通り、yui使用シンラインは1974年製です。特徴として

・f ホールのあるアッシュボディのトップをチェンバー加工し同材で裏からフタをする構造のセミソリッドボディ

f:id:FF-MeetingRoom:20201107112702j:image
f:id:FF-MeetingRoom:20201107112706j:image

よく見ると裏からフタをして2層構造なのがわかると思います。

 

・マイクロティルト機構(ネックの仕込み角度を調整可能)付き3点止めネックプレート

f:id:FF-MeetingRoom:20201107114720j:image

 

・ヘッドにはトラスロッド調整用のブレットナット、商標登録®マーク付きのCBSロゴ(モダン・ロゴ)、ストリングスガイド×2

f:id:FF-MeetingRoom:20201107120115j:image

 

・シャーラーFキーペグ

f:id:FF-MeetingRoom:20201107121009j:image

 

・ワイドレンジハムバッカーピックアップ‪×2搭載

f:id:FF-MeetingRoom:20201107114341j:image

 

・6連サドルブリッジ

f:id:FF-MeetingRoom:20201107120513j:image

 

などがあります。

(画像は参考でyui使用モデルではありません)

 

ピックアップに関してはフェンダー初のハムバッカーがマウントされており、元ギブソンでPAFの開発者だったセス・ラヴァーを起用し、一般的なアルニコ(Al-Ni-Co)ではなくクニフェ(Cu-Ni-Fe)マグネットを採用しています。

f:id:FF-MeetingRoom:20201107110534j:image

 

このギターは試奏したことがあるのですが、ボディをセミソリッドにザグっているため想像以上に軽かったのが第一印象です。店員さんによると「3kgないかも?」とのことでした。

ハムバッカーだからどうかな?と思いながら音を出してみると、もちろんシングルコイル仕様とはニュアンスが異なりますが、「トゥワンギー」と表されるテレキャスターの音は感じられながら、ファットでエアリー、そしてハムバッカーゆえのノイズの少なさを実感できる佳きギターでした。

 

FLOWER FLOWER結成以降はずっとショートスケール(24インチ、約610mm)のジャガーを使用していますが、このテレキャスターシンラインはロングスケール(25.5インチ、約648mm)とネックが長いです。

比較すると、ジャガーはネックの1フレットの位置が約4cmくらい体に近くなります。わずかな差に思えますが、これは小柄な方には大きなメリットになり得ます。

またスケールが短いと弦のテンションも弱くなり、より押弦しやすくなります。

いつか書こうと思ってる謎だらけのレスポールジュニアもミディアムスケール(24 3/4インチ、約628mm)。

ネックのスケールによって、また歪ませた時シングルコイルであるがゆえにノイジーなことからストラトキャスターテレキャスターの登場機会がないのかな?などと思ったりしています。

 

余談ですが、このレスポールジュニアはもしかしたらもっと短いスケールの可能性があるかも?と見れば見るほど謎は深まるばかりです。

f:id:FF-MeetingRoom:20201015215407j:plain

 

誤り、情報、お気づきの点などあればこちらにコメント、もしくはtwitter @koutei819にリプをお待ちしてます。

 

yui使用機材 Part20 ~YAMAHA KX5~

2020年6月14日、FLOWER FLOWER初生配信ライブ「インコの気まぐれ」にて登場したショルキーことショルダーキーボード「YAMAHA KX5」について書いてみようと思います。

f:id:FF-MeetingRoom:20200616171704j:plain

 

 

ライブの MCでは気にいってテンンション上がっちゃいました、むらじゅんのKX5を借りてる、あとで値段交渉?みたいなことを言ってましたね笑。

 

YAMAHA KX5

1984年5月1日発売、生産完了モデル。

f:id:FF-MeetingRoom:20200616180047j:plain

YAMAHA HPより

攻撃的なステージを演出する高性能ショルダーキーボード。

エレキギター並みの軽量ボディに抜群のライブ性能をもりこんだショルダーMIDIキーボード、KX5。64音色セレクター、ボリュームとモジュレーションの2つのホイール、チョーキングが痛快なリボンタイプピッチベンダーと、プレイアビリティを徹底追求。

もちろんイニシャル/アフタータッチも自在です。さらにブレスコントローラー(別売)を接続すれば、ワンマンライブも実現。MIDIチャンネルセレクターで、2系統の音源の切り替えも瞬時に。トランスポーズにより5オクターブをカバー。これでステージフロントは、キーボーディストのもの。

 

製品情報

KX5 生産完了品 希望小売価格: 65,000 円(税抜)

ステージ狭しとジャンピング・アクト。リアルタイムプレイをエキサイトさせるショルダーキーボードKX5。

ウェイトはエレキギター並の3.7kg。

カラーは2バージョンを用意。 外部音源を演奏するための小型軽量ショルダーキーボード。 イニシャル/アフタータッチ付37鍵。

トランスポーズ、2ホイール、リボンピッチベンダーなど多彩な機能。 ブラックレザーサテンとシルバーメタリックとの2カラーを用意。

 

軽そうに見えてもストラトキャスター並みの3.7kgあるんですね。MIDIコントローラーなのでこのキーボード自体には音源が入っておらず、外部音源モジュールを鳴らすタイプです。

 

自分にとってショルダーキーボードといえばジェフ・ベックでのヤン・ハマーの演奏に強烈な印象を持ってました。曲のタイトルもBlue Wind。

 

Jeff Beck - Blue Wind


調べてみると90年代、小室哲哉がこのKX5のカスタムモデルをプレイしていたようですね。他には坂本龍一浅倉大介向谷実、そしてチック・コリアヤン・ハマー等そうそうたる顔ぶれ。すごい。

 

ちなみに使用しているストラップはアーニーボール 4037 POLYPRO STRAPS ブラック。めずらしくメーカーロゴが見える向きにつけていました。(いつもは見えない向きで使用しています。)

 

蛇足ですがショルダーキーボード略してショルキー、実は和製英語英語圏ではkeytar(キーター)と呼ばれているそうです。そしてショルキーはYAMAHA登録商標です。

 

誤り、情報、お気づきの点などあればこちらにコメント、もしくは twitter @koutei819にリプをお待ちしてます。

 

 

yui使用機材 Part19 ~エフェクター2018年編~

yui使用エフェクター2018年編です。

 

1枚目

f:id:FF-MeetingRoom:20200524133433p:plain

1. One Control Little Green Emphaser

2. BOSS TU-2 Chromatic Tuner(生産中止モデル)

3. Keeley BD-2 Mod Phat Tube

4. ProCo Limited Edition Reissue '85 Whiteface RAT(限定生産モデル)

5. Noar's ark AC/DC-1 パワーサプライ(生産完了モデル)

6. One Control Orange Amp In A box

7. LINE6 M5 Stompbox Modeler

8. XOTIC RC Booster

9 .KENTON Electronics THRU-5 MIDIスルーボックス

10. Electro Harmonix Small Clone

11. LINE6 M5 Stompbox Modeler

12. Free The Tone ARC-3 Black(受注生産カラー)

13. LINE6 EX-1 エクスプレッションペダル

 

2枚目

f:id:FF-MeetingRoom:20200524135901p:plain

変更

3. Keeley BD-2 Mod Phat Tube → MAD PROFESSOR Sweet Honey Overdrive

 

3枚目

f:id:FF-MeetingRoom:20200524150258p:plain

追加

smallsound/bigsound BUZZZ(オクターブファズ)

歪み度合いは ブースター ≦ オーバードライブ < ディストーション < ファズ です。

画像のコントロールノブを見るとゲイン(歪み)、ボリュームともにフル10に見えます。

最近 insaneと言う単語を覚えました。「いかれてる(くらいかっこいい)」という意味に使うようです。ファズをここまで歪ませると音程感も無くなり、最高にいかれた轟音が響き渡ると思います。実際ライブでもすごい音が出てましたね。insane!

位置変更

BOSS TU-2 Chromatic Tuner

ファズを追加したことでチューナーの置き場が無くなり、浮いたまま使用していたようです。ライブにもその様子が映っています。

f:id:FF-MeetingRoom:20200524141459j:plain

インコのhave a nice dayツアー2018 Zepp Tokyo公演より

 

誤り、情報、お気づきの点などあればこちらにコメント、もしくは twitter @koutei819にリプをお待ちしてます。